011.ImageViewMan

■ImageViewMan■ 【戻る】
ImageViewMan Ver0.10 WinMe
説明  本ソフトはWinMe専用です。  WinMeでは大変優れたイメージビュアーであるShellImageViewというものが入っています。  jpegやtiffなども見えます。マルチページも見えるという優れものです。しかし、これらを他に関連付けするとImageViewで開けない場合が出てきます。  実はImageViewはexe形式のアプリケーションではなくdllです。また起動のパタメータはDDEで渡されます。  本ソフトはImageViewを起動するためのexeソフトです。  本ソフトに引数を渡すとImageViewが起動できます。例えばSendToに入れておけば右クリックの「送る」で開いたりすることが可能になります。 【特徴】 ・常駐しません。ImageViewを起動して自分を終了します。 ・ImageViewがあたかもexeであるように使えます。 私のものにはラッパーものが多いのですが、これもその1つです。つまり自分自身はなんら意味がなく、それでMSさんのアプリを起動させます。 こういうものが必要な背景にはMSさんのものは、どんどんexeではなくDDEなどの内部的なもので結合されています。そのためにカスタマイズからは遠ざかっていく傾向を感じます。 このまま起動しても何も起こりません。  ファイルを開くかD&DしたらImageViewを開きます。但しそのファイルはImageViewでサポートされていなければなりません。もっともサポートされていなくても「何も出ないだけ」です。これが本質的な使い方ではなくSendoToにショートカットを置くのがお勧めの使い方です。  ショートカットをSendToに入れられることをお勧めいたします。SendToはWindowsの直下にある特殊なフォルダで、ここにショートカットを置くことで「送る」に出すことができます。  これで、画像拡張子を好きなものに変えても、「時々ImageView」で開くことが可能になります。
スクリーン  画面はこういう感じです。  これはImageViewの画面です。 「そんなもの見てどうする、本体がいないじゃないか!!」という声がしそうですが、そのとおりで本体はありません。ImageViewを立ちあげると使命を全うし自分は終了します。つまり全く常駐しません。ImageViewの起動ソフトです。 それではあまりなので本体のショットです。本物はすぐに消えます。
備考 「小物」なのですが、これも結構重宝しています。Meはまだアクセサリが出始めていないですが、こういうものがあるとImagingなどに関連付けを変更したりできます。でもMeからは簡単にデフォルトにもできます。複数の画像ソフトを切り替えて使ってかつImageViewの愛好者には向いています。
【戻る】
Wind-Craft(風工房) 各種ハードウェア及びソフトウェアの受託開発 member@windcraft.net
お買い物なら