092.WinCatch(W3.1Ver)

■WinCatch■ 【戻る】
WinCatch!! Ver1.20 Win3.1
説明    このソフトは入力として画面上で表示される動画を含む任意の画像を切り取り「クリップボード転送」や「BMP形式での保存」や「外部エディタ加工」が可能です。  また、マウスカーソルはキャプチャーはできませんが、標準的なものは貼付加工が可能となっています。同編集機能でカーソル以外にも矢印の貼付などが可能です。  同じく編集機能として「タグ(吹き出しテキスト)貼付」機能があり、画像データに簡単にテキストを貼付できます。  アプリのマニュアル作成やゲームのハイスコア等の記録、お気に入りの画面の記録など、また画像にコメントを入れたい場合などにご利用できます。<仕様概要> 入力: 「画面(含むウインドウ)」または「BMPファイル」または「クリップボード」 出力: 「クリップボード」及び「BMPファイル」または「外部エディタ」 モード: 「切取」または「特定窓」または「全画面」と「タイマ」の組み合わせ 編集機能: 「ポインタ(アイコン)&矢印貼付&UnDo機能」及び「タグ(吹き出しテキスト)作成&貼付機能」及び「外部エディタ連携」 対応色: 256色まで対応可能 (Win95以降では動かない機能があります。)<特徴> ・多彩な取り込みモード  「切取」以外に「特定窓」「全画面」の取り込みが可能です。またタイマーと組み合わせることにより、ドロップメニューも取ることが可能です。またWindows標準のホットキーとの組み合わせでも使えます。 ・マウスカーソル&矢印の貼付加工(Undo付)可能  取り込んだ画像に対して、マウスカーソル等の貼付が可能です。Windowsの代表的なカーソルは入っていますし必要であれば、アイコンエディタで自作登録&カスタマイズが可能です。 ・タグ(吹き出しテキスト)の作成&貼付可能  グラフィックにテキストタグ(吹き出し)の貼付が可能です。手軽にグラフィックデータに説明が入れられます。またタグはフォントのスタイル・サイズ・色指定などが可能です。 ・256色に対応  256色までのグラフィックデータの処理が可能です。 ・外部グラフィックエディタの設定と連携が可能  グラフィックそのものの加工にはペイントブラシ以外にGVなどお好きなものが設定可能です。設定は参照で簡単に登録できます。尚、ペイントブラシなどのようにコマンドラインを受け取り起動できるタイプ(関連づけが可能なタイプ)はそのまま編集に入れます。(GVはとびた氏のフリーウェアです。) ・豊富な入力対象  対象は自分でキャプチャーする以外にも「BMPファイルの読込」「クリップボード転送」などが選べます。
スクリーン これは自分自身を含めたキャプチャーです。
備考 Win95以降はVer2.XX以降をご使用ください。
【戻る】
Wind-Craft(風工房) 各種ハードウェア及びソフトウェアの受託開発 member@windcraft.net
お買い物なら