017.TrackBox(VCL)

■TrackBox■ 【戻る】
TrackBox(VCL) Ver0.10 D2、D3、D4、D5
説明  これは、ありそうでなかなかないTrackBoxのDelphiコンポーネントです。 TrackBoxというのは、サイズなどを変更する場合に四角の枠がでるものです。この四角をつまんで大きさを変えます。D2、D3、D4、D5に対応しています。  現在まで、色々な方々のVCLのお世話になってきました。これは拙作のWinCatchで使っているものです。機能が低いかも知れませんが、改造もできるようにソースも公開いたします。また利用が簡単なようにサンプルも付けておきます。ドロー系のソフトなどに使えます。 【使用方法】 1)実行時プロパティ TrackPos : 実行時の位置の読み出し。読み取り専用。  例)TrackBox1.TrackPos.Height 2)設計時プロパティ TrackColor : 色を指定します。 TrackLineVisible : 姿が見えるかどうか指定します。 TrackSizeEnable : サイズ変更ができるかどうか指定します。 3)イベント OnTrackChange :サイズが変えられた場合に発生します。尚、サンプルをDemoに入れておきます。実行するとShapeが自由に大きさの変更ができます。
スクリーン  画面はこういう感じです。(Demo)  シェイプの大きさを変えたり、移動したりできます。
備考 機能としてはいま一つかも知れませんが、ドローなどを設計される方々は便利かも知れません。 ソースもあるので改良してやってください。
【戻る】
Wind-Craft(風工房) 各種ハードウェア及びソフトウェアの受託開発 member@windcraft.net
お買い物なら